Bmaps fesに参加してきました!



雪予報で凍えるような寒さの2/9の土曜日。株式会社ミライロが主催の「Bmaps fes」が日本財団ビルで開催されたので参加して参りました。
株式会社ミライロ
https://www.mirairo.co.jp/
「Bmaps fes」は「誰もが外出できる社会」について考えるイベントです。「Bmaps」は、バリアフリーマップのアプリです。車椅子の方や高齢者、ベビーカー利用者、外国人、視覚障害、聴覚障害をお持ちの方が外出時に求める情報を共有するバリアフリーサービスです。あらゆるレストランや施設などの基本情報に加えて、入口の段差の数や、施設の特長、設備などをまとめています。

「Bmaps」は、誰もが安心して外出が出来る社会の実現を目指しています。ミライロの垣内俊哉社長のビジョンは本当に素晴らしく共感をしております。垣内社長、いつも本当にありがとうございます。日本だけにとどまらず2020年のオリンピック、パラリンピックで世界中からお客様を迎えるために、新機能を加え3月中には6言語の翻訳もリリースされる予定のようです。

会場には、 パナソニック、日本航空株式会社、大和ハウス工業株式会社、株式会社ソフトスクエア、さつき株式会社、伊藤忠テクノソリーュョンなどの企業の方、当事者、著名人が集結し、其々のグループに別れて、ディスカッションを行いました。

 

「Bmaps」に関わるみんなの想いを共有し、共感し、アイディアを出し合い、とても学びの多い有意義なお時間でした。

もっと「Bmaps」が普及し誰もが外出しやすい世の中になりますように、世界中のお客様にも安心して外出出来るように。

 

 

皆さんも是非、登録してみて下さい!