「この1週間余りを振り返って」

「この1週間余りを振り返って」

ここ最近は、ドラマのような、ジェットコースターのような、そして新たな出会いにあふれる刺激的な毎日を過ごしています。

松原代議士、井戸総支部長からも、様々なご指導をいただており、夏の決戦に向けた様々な準備も大幅に進みました。

小川あずさ区議、庄嶋たかひろ区議、平野春望区議にも、朝夕の街頭演説から、地域の挨拶まわりなど、フルパワーで大田区内を引っ張りまわしていただいており、感謝の毎日です。大田区の立憲パートナーズの皆様や、チームりえの皆様も、日夜私のことを気にかけてくださっており、ありがとうございます。

街中では、「立憲民主党の斉藤りえです」と名前を言うよりも、「筆談ホステス」とお伝えすると、あっ!と、気づいてくださる方が多いように感じており、それはそれで嬉しくもあるんですが、まだまだ地域に名前を知られていないな、と反省しています。活動強化あるのみです。

また、先日は、庄嶋さんよりお声がけをいただいて、大田区立障がい者総合センター「さぽーとぴあ」にも一緒にお伺いしました。大田区の取り組みにも改めて触れることができました。

国会や都議会の様子もニュースなどで見ていて、やっぱりこんなおかしな政治を変えていきたいな、と憤ることも多いですが、今の私にできることは、地に足をつけて、きちんと地域をまわることです。今の毎日が決して当たり前ではないことを噛みしめながら、引き続き、感謝の気持ちで駆け抜けていきます。

あ、そうそう、今の私があるのは、「私もママに協力するよ」と少しだけ寂しい思いを我慢してくれている娘のおかげでもあります。
今日は、幸か不幸か恵みの雨で、夕飯を娘と一緒に取ることができました。

明日からも頑張って走っていきますので、引き続き皆様からのご指導を賜りますようにどうぞよろしくお願いいたします。

ブログ
Previous reading
本日は、スポーツ紙の取材を受けました。
Next reading
『きこえなかったあの日』