ご挨拶

皆さま、いつも私、斉藤りえに温かなご声援をいただきありがとうございます。

2020年7月5日投開票の都議補選では、本当に多くの方々に支えていただきました。

政党や団体の垣根を越え、立場の違いを乗り越えて、政策の少しの違いも尊重しあって、
それでも、この社会で苦しんでいる人にやさしく寄りそう姿勢だったり、社会の分断を必要以上にあおる政治を終わりにしたいという価値観だったりを共有しながら、多くの皆さんと共に選挙を進められたことを、光栄に思っております。

雨の中、たくさんのチラシを配ってくださって、電話を必死にかけていただいて、ポスターを貼りめぐらせながら、選挙ハガキもたくさん書いていただけました。
応援をしてくださったすべての皆さんに、心からの御礼をお伝えします。本当にありがとうございました。

次点落選の結果は、悔しくて悔しくて仕方がありませんが、私に託して頂いた36215票の重みをしっかりと受け止めて、声なき声や小さな小さな声を政治にしっかり届けていく、という私の原点を大切にしながら、これからも前を向いてじっくりと歩みを進めていきます。

引き続きのご指導の程をよろしくお願いいたします。

斉藤りえ

お知らせ
Previous reading
ご挨拶
Next reading
斉藤りえの「歩み」と「想い」