成田市社会福祉協議会

先週末は、成田市にて講演の機会をいただきました。成田空港には幾度となく行っているにも関わらず、成田市にきちんと訪れたの初めてでした。今回は、成田市社会福祉協議会からのお声かけで、講演をさせていただき、小泉成田市長や市議会議員の方々にもご挨拶させていただきました。

講演には、寒さ厳しい中にも150人以上の市民の皆様がお越しいただき、会場はほぼ満席。木を多用した素敵な会場の雰囲気も加わり、とても優しい空間での講演会となりました。また、会場には聴覚障がいを持つ仲間の皆様も多く駆けつけてくださり、手をヒラヒラさせて、手話で応援してくださったことも、とても心強く感じました。1時間半程度の講演の中で、私の半生と政治と向き合った経験、議会や選挙での気付きやバリアなど、幅広くお話をさせていただきました。

また、今年はオリンピック、パラリンピックの年でもあり、スポーツの枠組みを超えた多様性の文化の醸成の年にしたいという想いも共有させていただきました。発話が得意でない私の講演を最後まで温かく向き合っていただいたことは、心から感謝しております。こうした皆様の存在が、障がいを持ちながら生きていく原動力にもなり、改めて大きな勇気をいただいた、温かな気持ちになる時間でした。

帰りには、千葉県名物の落花生までいただき、また訪れたいという気持ちになったご縁でした。本当にありがとうございました。

未分類
Previous reading
成田市社会福祉協議会
Next reading
障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク東京足立大会