東京経済大学での講義

不安定な天候が続いていますが、精力的に活動をしています。

今週も、各地にてお声掛けをいただき、様々な場所でご挨拶をさせていただきました。どこの場所でも、私の話を真摯に聞いていただく方ばかりで、とても励まされています。今週の前半には、東京経済大学での特別講義に参加させていただき、学生さんたちと交流を致しました。

 

 

東経大では、午前午後で1コマずつ講師をさせていただき、私のこれまでの半生と、政治への想いについて共有させていただきました。学生のみなさんはとても真面目に講義を受けてくださり、その姿勢に私も勇気をもらいました。

 

私は、こうした講義や講演でよくお話するのが、「こういった機会に、多様性って何だろうと考えることが、この国の多様性を向上させる大切なプロセスになる」といったことをお伝えしています。小難しいことを色々考えるのももちろん大切な学びですが、普段通り過ぎてしまいそうな、当たり前に使っている言葉などの意味に、立ち止まり、確認する。多様性だダイバーシティだと、そんな言葉が溢れている今だからこそ、それをみんなで考えてみるとことこそ、実は多様性の質的な向上にとってとても大切なことであると感じています。

 

こうした素敵な学生さんたちに出会うと、この国の将来に大きな期待を抱きます。彼ら、彼女らが活躍できる社会が、とても豊かで、多様な選択肢があり、人と人が理解し受け入れる環境になるように、私も頑張っていきたいと思いました。

貴重な機会をありがとうございました。

未分類

Comments

  • Kiyoka ,

    初めまして。障害をお持ちの方々の就労·社会復帰を支援している者です。私も二人の子供を持つシングルマザーです。斎藤さんの社会に対する取り組みや情熱に感銘を受け、心から応援しております。街頭演説のお手伝いにも伺いたいと思っております。お身体大切にして、頑張ってくださいね。

  • Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Previous reading
    東京医大人口内耳イベント
    Next reading
    街頭活動でのボランティアのお願い