障害者差別解消法が施行されます



皆様、こんにちは。
間もなく4月というのに、寒い日が続きますね。
季節の変わり目ですが、どうそお風邪など引かれないよう、お気をつけられてお過ごしください。

桜も次第に咲き始めた時期ですが、来月4月1日よりは、バリアフリーにおいても大きな出来事がございます。
「障害者差別解消法」という法律が施行されます。

 

 

正式名称は「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」と言います。
全ての方が、障がいの有無によって分け隔てられることなく、お互いを認め合いながら活躍できる社会の実現に向け、障がいを理由とする差別の解消を目指す法律です。
例えば、区役所の入り口に段差があるとします。こうなると、当然、車いすを使われている方は、区役所の中に入ることができません。
「障害者差別解消法」によって、例えば解決策として、入り口にスロープが作られます。大きな工事が難しい場合は、職員の方が車いすを押してくださるなどの配慮が義務付けられます。

 

この法律によって全てのバリアフリーが進むわけではなく、過度な負担とならない範囲の必要な配慮(合理的配慮)となっていますが、それでもこうした大きな法律が作られることは、バリアフリーが前進している象徴でしょう。
障害者差別解消法によって、道路や建物、そして障がいがお有りの方への対応が変わっていくでしょう。あわせて、障がいへの理解が心の面でも、進んでいくことを期待しています。

 

私もこれまで、障害者差別解消法にあわせて、心のバリアフリーが進んでいくように、議会でも提案を行なってまいりました。
障害者差別解消法の広報に関してのご提案
4月以降も、一層バリアフリーが進むよう、努めてまいります。

 

東京都 北区議会議員 斉藤りえ