「国際福祉機器展」に行ってまいりました



昨日は、「国際福祉機器展」 に行って参りました。
この展示会、14カ国から520社が参加しており、最新の福祉用品を見ることができます。
車いすや介護ベッドはもちろん、食べ物や服、家、車…などなど、広いビックサイトの中に福祉関連の商品がたくさんでした。
車いすだけでもこんなにたくさんの種類があるのか…と、とても勉強になりました。

私は、普段使っている音声ソフト「UDトーク」さんのブースや、電話代行サービスの「プラスヴォイス」さんのブースなど、聴覚障がい者向けの展示を中心に回ってきました。

IMG_4729

いろいろなことを学ばさせていただきましたが、中でも、
「2020年のオリンピック・パラリンピックに向かって福祉業界が盛り上がってきている」というお話しが興味深かったです。

IMG_4734

私も今日、初めて伺ったのですが、聴覚障がいをお持ちの方は、耳ではなく目から情報を得ることが多いため、健常者の方よりも、「目」が発達している方が多いそうです。
そのため、「目」で見ることが大切なカメラマンとして非常に優れている方が何人もいらっしゃるそうです。
「聴覚障がいをお持ちが、2020年のオリンピック・パラリンピックでカメラマンとして活躍することを期待している」というお話しをお伺いし、私もより一層、応援したくなりました。

今日もとても学びの多い1日でした。

東京都 北区議会議員 斉藤りえ