日本を元気にする会に関しまして



本日、松田代表より発表の通り、日本を元気にする会は、政党要件を失いまして、政治団体へ移行いたしました。

また、一部の地方議会議員の中には政党より政治団体へ移行する際に、元気会より離れることを選ばれた方もいらっしゃるようです。

私は、引き続き日本を元気にする会に所属することと致しました。

理由を申し上げますと、私が取り組んでいるバリアフリーの問題は、地方議会議員のみの問題ではなく、これからも引き続き国会議員の皆様とも連携して取り組んでいく必要性があると感じました。

北区の皆様が、望まれる本当のバリアフリーの実現を目指すためにも、松田代表の深いご理解と熱心なお人柄が非常に必要であるように存じます。

加えて、バリアフリーの問題は皆様で協力して取り組むべき政策であると考えておりますので、党派の違いを超えて区議会議員・都議会議員・国会議員と、それぞれの立場より協力いただき、政策の実現へ向け活動していく所存でございます。

4月の統一地方選挙にてご期待をいただいた北区の皆様のご期待に応えられるよう、引き続き邁進して参りますので、変わらずご指導ご鞭撻をいただけますと幸いに存じます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

東京都 北区議会議員 斉藤りえ