新年度が始まりました



新一年生の皆様、ご入学おめでとうございます!

去年入学した我が娘も早いもので二年生になりました。希望に満ち溢れ目を輝かせて入学した日をついこの前のように思い出します。この一年間は、母娘で毎日たくさんのことを会話し、改めて私自身も考えさせられ、学ぶ事が多々ございました。沢山の失敗、反省も致しましたが、考える機会を与えて頂き、私達を成長させてくれたように感じます。

我が娘は、二年生になりましたが、二年生としての自覚をしっかり持ち二年生活も大いに学び謳歌して欲しいと思います。

 

本会議、委員会、春休み、入学式とバタついておりブログに書きたい事が沢山、たまってしまいました。少しずつ、共有させて頂きたいと思います。

 

春休み中の3月31日は、私の故郷、青森県青森市のホテル青森にて株式会社リンクモア(船橋素幸社長)主催の「リンクモア 感謝の集い」が開催され、その中での講演会にお声掛け頂き、行ってまいりました。

35分だけのミニ講演をさせていただき、地元青森の皆様に東京での議会活動の話や、各地をまわりながらの心のバリアフリーの活動などを共有させていただきました。会場には、同級生や小学校の担任の先生など、お世話になった方々がお越しいただきました。

懇親会では、木村次郎衆議院議員、小野寺晃彦青森市長、一戸富美雄県議会議員よりご挨拶がありました。祝宴では、板橋かずゆきさん(板橋さんの詳しい情報はこちら→http://www.itakazu.com/)のミニライブもございました。盲目のシンガーソングライターなのですが、とても美しい歌声だと教えて頂きました。

最後の合唱では、会場全員が輪になり手を繋ぎ、共に歌いました。まさに、船橋社長の愛に溢れた「感謝の集い」でした。リンクモアは、人を愛し、町を愛し、青森を元気にしますという熱いメッセージを頂きました。改めて、人との出会いに感謝する心を大切にしたいと思える機会を与えて頂きました。

 

船橋社長、リンクモア社員の皆様、関係者の皆様のご尽力、ご協力に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真は左が船橋社長、右が小野寺青森市長)

翌日は、私の大好きな雲丹のお店(柿源)に寄らせていただき、いつもの如く、美味しい雲丹、ホタテのバター焼きを堪能し、八甲田丸にも寄って、青森の風にあたり懐かしさを感じながら、目標に向かう決意を新たに致しました。

新年度が始まり、進学や異動などで新生活に移り環境の変化がある方も多いと思います。

皆様お身体ご自愛ください。改めて、今年度もよろしくお願い申し上げます<(_ _)>