「IL・NEXT」さんで意見交換を行なって参りました



昨日は、神奈川県横浜市にある障害者自立生活センター 「IL・NEXT」さんにお伺いして参りました。

※IL・NEXTさんについてはこちら

http://hamajiritsu.blog110.fc2.com/

実は先月、「IL・NEXT」を利用されている方からお手紙をいただきまして、どうしてもお会いさせていただきたく、お伺いさせていただきました。
最近はメールでご連絡いただくことが多い中、直筆のお手紙はとても嬉しいですね!

unnamed

さて、「IL・NEXT」さんでは利用者の皆様と一緒に、「どうしたら、障がい者と健常者が交流できるだろうか」というお話をさせていただきました。
「IL・NEXT」の皆様は日頃から問題意識を持ち、勉強会や意見交換をされているそうで、とても鋭いご意見も多く聞かせていただきました。

例えば、小学校にあがるときに、
◯特別支援学校に進む→健常者と接する機会がないまま大人になっていく
◯普通学校に進む→同じような障がいを持っている方と接せられないまま大人になっていく

と、どちらを選んでも、交流の機会が少ないという意見も見られました。

 

そこで、「IL・NEXT」さんは自主的にいろいろな交流会を企画されているそうです。
例えば、福祉系の大学に通う大学生に障がいをお持ちの方が「先生」として講義を行い、障がい者を取り巻く環境や、思いなどをお伝えしているそうです。
また、福祉関係者同士の交流を増やすために「飲み会」を開き、本音で話せる場を作っているなどなど。
中でも私が、とても素敵だなと思った企画は、「大学生のインターンシップ」です。
夏休み中の10日程度、実際に「IL・NEXT」さんで働く企画です。
最初はとても緊張している大学生たちも、10日間障がいをお持ちの方や職員の方と交流することで、鮮やかに関係性が変わっていき、最終的にはとても良い笑顔で接し合えるようになるそうです。

障がいをお持ちの方と健常者との交流は、私も議員になる前から取り組んできたことです。
今後も、同じような志をお持ちの皆様と意見交換をして参りたいと思います。

 

 

東京都 北区議会議員 斉藤りえ